30代に人気の保険

30代から加入する生命保険 - 30代は人生と保険を考えるチャンス

30代は人生と保険を考えるチャンス

30代と言えば、人生の中で一番変化のある年代でもあるのです。結婚・出産などのイベントや仕事に関しては色々と考える年代で転職もこの時期の人に多くあるのです。ところで、シングル時代には自分には守るべきものがないと生命保険を軽視してたのが、結婚・出産によって守るべき家族ができ自分にもしもの時に残された家族が困らないだろうかと真剣に考える方も多いかと思います。中には一生独身を貫き通しすという方もいるかもしれませんが、それはほんの一握りの人なのです。しかし、いくら生涯独身でも、両親や兄弟(姉妹)は居るのです。
vintageranges1

万一、自分がガンにかかってしまったらどうなるのか考えたことがありますか?ガンなど大きな病気にかかってしまうと、別居であろうと同居であろうと家族にとっては大きな負担になってしまうのです。いくら別居しているとはいえ、大きな病気になった身内を放っておく家族はどこにいるのでしょうか。ガンなどの大きな病気にかかりその病気により非常に大きな金銭的な負担を残して亡くなってしまうという可能性は誰しもがゼロではないのです。

例えば、貴方がまだ独身だからという理由で、医療保険の1日5,000円程度の入院給付金と手術を行ったときに出る手術給付金を合わせても、総額で50~60万円程度の保険に加入していると仮定してとき、ガンなどに掛かった場合、手術料や入院費用を合わせると数百万円の金額が必要になってくるのです。そんな大金を右から左にすぐに用意できる家族はそう何組もあるものではないでしょう。通常の場合は保険に頼るしか方法はないのです。

そこで現在加入している保険を見直してみてはいかがでしょうか。生命保険の保険期間は60歳・80歳そして終身といった長期に渡る期間が主なのです。そこで、生命保険ランキングでは長期の保険期間を設定して生命保険の見直しを考えるというのはどうでしょうか。

vintageranges2

生命保険というのはある意味分割払いでモノを買うのと同じことなのです。もちろん自動車や家のように目に見えるものではないですが、安心という無形の商品を購入するのです。そしてその商品を長期に渡って払うことにより月々の保険料の負担が軽くなるのです。また、保険もモノとと同じで、支払い期間中に新規の保険料が上がっても現在継続しているモノについては保険料は上がらないのです。つまり、保険料を払っている年齢が50代になっても若い頃と同じ安い保険料が継続し、保障内容も同じなのです。

但し、貯蓄型の終身保険はやはり保険料は高いのが現実ですが、将来の自分に対してのご褒美だと思えば楽しみになります。それでも保険料が高くて支払うのが困難に思うでしたら、掛け捨ての終身保険という手もあります。保険料と貯蓄は別という考え方もあるのです。

30代は保険料が安い最後のチャンスといっても過言ではないと思います。人生の分岐点に立ったいま、人生を考えるのと同時に生命保険も考え直すあるいは加入していない方はこれを機に加入してみてはどうでしょうか?

YouTube Preview Image

新着情報

◆2014/07/23
30代は人生と保険を考えるチャンスの情報を更新しました。
◆2014/07/18
会社プロフィールを新規投稿しました。
◆2014/07/18
当サイトへ問い合わせるを新規投稿しました。
◆2014/07/15
医療保険は定期的な見直しが必要の情報を更新しました。
◆2014/07/15
今の自分には何が必要なのかの情報を更新しました。